作業員

鍵を交換していますか

男性

交換した方がよい鍵とは

引越した先で鍵をそのまま使っている人も多いと思います。しかしその鍵は本当に安全なのか疑問ではありませんか。では、交換した方がよい鍵の特徴とはどのようなものでしょうか。まず、賃貸などで長年同じ鍵を使用している場合は、すぐに鍵交換を大家さんに頼みましょう。前に住んでいた人が合鍵をもっていることも多々あり、どこにどのように出回っているかわかりません。万が一を考えて鍵交換をしておくのが安全です。それからピッキングされやすい鍵が使われている場合も鍵交換をすることをお勧めします。特に両側がギザギザしている鍵、ディスクタンブラーキーは簡単に開けられてしまうと言われているので交換する方がよいでしょう。この鍵は1990年代頃までに建てられた家にとてもよく使われています。

防犯性の高い鍵を選ぼう

家に侵入されないためにできることはまず鍵交換ですが、同じ古いタイプのものを再度付けても意味があまりありません。できれば簡単に開けにくい最新モデルの鍵を選ぶようにします。最近は平たい鍵に小さな穴や溝がいくつも開いているディンプルキーと呼ばれるものが主流になりつつあります。このタイプの鍵はピッキングされにくく、さらに合鍵を作る場合にも本人確認などが必要なため、これまでの鍵に比べ防犯性が高くなっています。もし鍵交換ができない場合は、複数の鍵を取り付けるのも効果的です。賃貸などで大家さんが鍵交換を渋った場合などにも自分で鍵を取り付けることをお勧めします。その場合、穴などを開けずに使用できるものなどを利用するのもよいでしょう。